HOME > 採用情報

採用情報

システム開発員(SE、プログラマー)
アルバイトの方も募集しております。(詳細応相談)   
アルバイト求人はこちらpowered by ジョブセンス

仕事内容 コンピュータシステム・ソフトウェアの受託開発・開発・設計・コンサルティング
WebやAndroidのアプリケーション開発をはじめ、 インターネットなど情報通信ネットワークの分野においてソフト開発をしています。 又、Java等を使用したインターネットシステム、通信システムや測定システム、カードシステム等の開発も行なっています。 本執筆 当社ではコンピュータ関連の書籍も手掛けています。
条件 学歴不問。未経験者歓迎(18歳~28歳位迄)未経験からでも一人前に育てます。 Java、ASP.net開発経験者優遇 詳細は応相談
勤務地 応相談 市ヶ谷(本社)他首都圏
給与 経験に基づき応相談
待遇 昇給1、賞与2交通費全額支給、社保完備、退職金、保養所 休日休暇 完全週休二日制(土・日)、祝日、夏季、冬季、GW、有給・特別休暇
連絡先 当社問い合わせ先 担当/多見谷 宛

技術者の育成についてのシステム

当社では、独自に開発した教育制度を採用しております。新入社員はこのレベルの高い教育により、 最短距離でカリキュラムを修了します。

ところで、どのような人が伸びていくと思いますか?
学生時代にパソコンの知識を持っている人?
そうではありません、受身にならず積極的に質問する人ですね。 はじめは分からない事が多いわけですから、 臆することなく積極的にコミュニケーションをとって欲しいと思います。 これにより、その人の技術の段階がわかるので、レベルにあった情報を提供でき、 私たちとしては大変効率よく技術的な教育ができます。よって、 入社後の1年間が、技術者の成長を決定づけるいわば「カギ」を握っていると考えています。

・これから入社する人たちへのメッセージ
技術を身に付けたいという意欲さえあれば、誰でもプロフェッショナルになれますし、 楽しい仕事ができます。勿論、理工系、文系、男性、女性等の向き不向きというのもありません。 特に女性もこれからは積極的に参加してほしいと思います。
人生もひとつのシステム設計です。失敗したからといっても、やり直しはききません。 技術力という、自分に着実に身につくものを持つことで自信がつき 自己の主体性に沿って生きることが、充実した人生を送るための重要な要素になると思います。 是非みなさんも私たちといっしょに成長してください。

社員の声

【Aさん(東工大大学院卒)】
(社長との会食においてお聞きし、非常に良き内容と感じたので、文章化することにしました)
●(技術職の者に対して)技術から離れるな!
一部の企業ではおうおうにして、一定の年齢になると、たとえそれまで技術職でやってきた としても、管理の仕事をしなければならなくなる。課長、部長とポストが上がるにつれ、確かに周りより 尊重されるようになり、給料も上がる。しかし管理というのは中身が骨抜きになっていく。するとその会社 にいるうちはよいが、一旦その会社を離れると無用の長物と化すことが多い。気が付いて見ると全く手に 職(技術)が無く、何もできなくなっていることが多い。また技術から一旦離れてしまって、管理のみに なると、再び技術に戻ることは非常に難しくなる(直感力も働かなくなるし、技術における様々なノウハウ 的なものもみんな忘れてしまっているから)。システムサイエンスでは技術職の者は年齢とともに管理 の仕事も行ってもらうようになるが、決して技術から離れることなく仕事をしてもらっている。
なるほど社長がそのようなお考えをお持ちでおられるならば非常にありがたいことだと自分は思います。 なぜなら以前の会社では、自分は課長だった上司の仕事の内容を見ていて、嫌気がさし会社を飛び出 してきたのですから。それまで技術職でやってきたとしても、課長(代理)に昇格してしまうと、仕事の内容 が打って変わってしまい、打ち合わせ、会議、挨拶、巡回、客先訪問などに追われるようになり、特に 上司は未稼働を減らすことにかなり労力を費やしていましたが、要するに管理職になると技術的な仕事 など殆どなくなるし、またそれをすること自体許されていませんでした。一度管理を始めたら最後、二度 と技術に戻ることなどあり得ない、そういう会社でした。自分は技術から離れるつもりはありませんでした ので、そういう選択をしました。
●思考空間と実行空間
人間には思考空間というものがあり、その中で経験や思考回路を使って様々な思考をしている。また 実行空間というのがあって、実際に様々な活動を実行する。この思考空間と実行空間の関係が大事 である。思考空間が実行空間より広いときは、例えば「これをするにはあれを使えばできるな」という 考えができたり、大事な場面で直観力が働き、的確な判断ができたりと、考えに幅と余裕があり、楽しい し、プロジェクトもうまく導くことができる。
逆に、憂慮しなければならないのは思考空間が実行空間より狭い状態である。思考に基づかない判断、 行動は、様々な場面で失敗するし、プロジェクトもうまく導くことができない。管理専門になると、どんどん 思考空間が狭まっていくのである。それが怖い。一方、技術から離れなければ、思考空間が狭まること はない。むしろ、若年者のようにこれを広げていくことさえできるのである。

【Bさん(国立大学卒)】
当社を選んだ理由について下記に記します。
組込みシステム技術協会の会員企業一覧について、各社のHPを参照して以下の条件で絞り込み、当社が選抜となりました。
・組込み系ソフト開発が中心であり、業務系システムを基本やっていないこと
(通信系やモバイルも含む広い意味での組込み系)
・Android等をやっておりJava技術者を採用対象としていること
・事業内容の興味深さ
・従業員数が50人以上であること
・勤務地が関東であること

Copyright© 2017 System Science Laboratory Co., Ltd. All Rights Reserved.